Menu

UVを浴びることでサンタンする肌のからくり

0 Comment

長期間、紫外線を受けていると日焼けするのは、およそのひとがわかってますよね。日焼けしちゃう原因になるUVとは、いったいどういった物なのでしょうか。

UVというものは、太陽光の1つで、種類をA波紫外線・B波・C波と大きく3つに分けることが出来ます。ガラスのような透明な物体では、太陽光A波というものを遮断することは出来なくて、肌へと届くのです。硝子を挟んで太陽の光を受けてた際や、自動車の運転をしているときにも、紫外線A波というのは受けてしまうので色焼けするのですよ。

一方で、紫外線B波というものは雲で遮られますし、雲が多い日や、雨の日は減衰します。天気によって照射している量が違う紫外線量とは、此の紫外線B波なんです。

UVc波が日焼けする事に関わりはないのです。その理由は、紫外線光c波は雲を通り抜けたりしないからなのです。

A波というものは、ガラスを通過する事が出来るため、皮膚の奥深い部分の真皮へと届いてしまいますが、有害性で言うのならB波ほどじゃないといわれているのです。

肌の日焼けしてしまうことを考えると、室内でUVを受けてしまう為、いつも対策法を取る必要性のある紫外線なのです。肌の色が黒くなる事だけは、サンタンの作用ではじゃないんです。シミや肌のくすみが増加するし、たるみや肌の老化の原因にもなってしまうものです。

紫外線光で色焼けをしちゃうというのは、皮膚をガードするためにメラニン色素を増加する、防御策なのです。褐色に焼けた皮ふは元気なイメージを相手にあたえますが、エイジングケアの視点において考えていると皮ふにとって良い事じゃないため、対策がたいせつなんです。